昨日のイギリスの国民投票で、EUからの離脱が多数を占めて、イギリスはEUを離脱することになりそうです。どのような影響が予想されるでしょうか?

まず、イギリスがEUから離脱すると、これまでのEUの秩序が一部壊れることになりますので、ヨーロッパの経済の混乱が予想されます。そうなると、ヨーロッパから離れた日本の通貨「円」が安心な資産として買われるので、円高になります。円高になると、円の価値が高いわけですので、外国からものを安く輸入できます。

外国から輸入されているもので一番生活に関係のあるものは、原油です。原油はほとんどを海外から輸入していますので、円高になれば、単純に考えると原油を源とするガソリンや電気料金、化学製品が安くなります。ただし、原油価格自体も上がったり下がったりしますので一概には言えませんが、イギリスがEUを離脱すると原油価格は安くなるだろうと言われています。ですので、ガソリンや電気料金は安くなりそうです。

ただし、日本の企業は今でも海外への輸出で成り立っているところが多いです。円高になると、上に書いた輸入とは逆で、輸出には不利になりますから、企業の業績が落ちて、景気が悪くなることが予想されます。他にもいろいろな影響がありそうですが、EUからの離脱には2年かかるとのことですし、一概に悪い影響ばかりでもないので、今後の推移を見守っていきましょう。

イギリス

 

 


鹿児島、宮崎の住宅・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ!
鹿児島、宮崎の注文住宅・新築・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ