ヒートショックという言葉をご存知でしょうか。ヒートショックとは、家の中の急激な温度差によって、血圧が大きく変動する等により、身体へ悪い影響を及ぼすことをいいます。症状としては、失神、心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、そして、死に至ることもあります。ヒートショックが多いのは冬、また高齢者に多く見られます。

ヒートショックが発生するのは、やはり風呂上がり。特に冬場の風呂上がりは、風呂場と風呂場の外の気温差が激しくなるので、ヒートショックになることが多いです。このヒートショックを防ぐには、家の断熱性を高め、冬暖かく夏涼しい家を建てることです。すでに建っている家でも、窓ガラスを断熱仕様のものにする、内窓をつけるなど、断熱改修の方法はいろいろとあります。

年間17,000人、交通事故の死者数をはるかに上回る人が亡くなっているというヒートショック、ぜひ家の断熱性を高めて、ヒートショックを防いでいきましょう。

(参考:東京都健康長寿医療センターのプレスリリース

ヒートショック


鹿児島、宮崎の住宅・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ!
鹿児島、宮崎の注文住宅・新築・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ