都道府県や市町村では、リフォームをする方のためにいろいろな補助金制度を設けています。知らないと損をする補助金制度、ぜひチェックしておきましょう!

今回は都城市編です。都城市では、木造住宅耐震改修工事補助制度を実施しています。

都城市のあやめ

要件は、

・昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て木造住宅(延床面積の2分の1を超える部分が住宅の用途であるもの)
・階数が2階以下のもの
・在来軸組構法、枠組壁工法、伝統的構法のいずれかによるもの

対象となる工事は、

・耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満であるものを1.0以上とするための耐震改修工事
※但し、補強に直接関係しない増築およびリフォームに係る工事は含まない
※上部構造評点の説明:木造住宅の耐震性能を示す指標で、1.0以上で一応倒壊しないと判定されます。

補助金額は、

上部構造評点が0.7未満の場合・・・
住宅1棟当たり75万円を限度とした、耐震改修工事に要した費用の2分の1に相当する額

上部構造評点が0.7以上1.0未満の場合・・・
住宅1棟当たり50万円を限度とした、耐震改修工事に要した費用の3分の1に相当する額

となっています。古い住宅をリフォームしようとお考えの方は、ぜひ万代ホーム リフォーム工房までお問合せ下さい!

万代ホーム 日南展示場


鹿児島、宮崎の住宅・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ!
鹿児島、宮崎の注文住宅・新築・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ