住宅ローン減税というのをニュースなどでよく耳にすると思いますが、この減税は実は新築住宅だけでなく、中古住宅やリフォームも対象になるのです。

住宅ローン減税の対象になるリフォームは、

・工事費100万円超で10年以上のローンを組む
・増改築、建築基準法に規定する大規模な修繕又は大規模の模様替えの工事

・家屋のうち居室、調理室、浴室、便所、洗面所、納戸、玄関又は廊下の一室の床又は壁の全部について行う修繕・模様替えの工事
・耐震改修工事(現行耐震基準への適合)
・一定のバリアフリー改修工事
・一定の省エネ改修工事

このようなリフォームが対象になります。

住宅ローン減税の対象になると、リフォーム工事でも、ローンを組んだ時に「毎年末のローン残高」の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。

ただし、リフォームの場合は特定増改築等住宅借入金等特別控除など他の減税制度を適用した方がより減税になることがあります。工事の内容・金額などはきちんとチェックしておきましょう。

税金


鹿児島、宮崎の住宅・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ!
鹿児島、宮崎の注文住宅・新築・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ