新築住宅を建てると、必ず「住宅瑕疵(かし)保険」の説明があると思います。この住宅瑕疵(かし)保険とはいったい何なのでしょうか?

「瑕疵(かし)」というのは、不具合のこと。新築住宅にもし家の主構造などで特定の不具合があったら補償します、という保険のことになります。この住宅瑕疵(かし)保険を運営しているのは、株式会社 日本住宅保証検査機構(JIO)などの会社になります。

この住宅瑕疵(かし)保険は、家を建てた住宅建築業者が必ず加入するものです。もし、保険の保証期間(10年)以内に家の構造の主要部分や雨水の浸入を防ぐ部分に瑕疵(不具合)があった場合は、JIOから住宅建築業者に保険金が支払われ、住宅建築業者はお施主様に対して無償で家の補修を行います。

JIO

(出典:株式会社 日本住宅保証検査機構(JIO)のホームページより)

もし、家を建てた住宅建築業者が倒産してしまった場合は、家に瑕疵があった場合の保険金はお施主様ご本人に支払われ、お施主様が別の業者に修繕を依頼することになります。住宅建築業者は供託金を国に預けているので、倒産しても保険金は問題なく支払われます。

この住宅瑕疵(かし)保険に加入する時には、JIO側の検査がありますので、住宅の品質も守られることになります。引き渡し時には保険の証明書も渡されると思いますので、大事に保管しておいて下さい。

こちらに、JIOが製作した、住宅瑕疵(かし)保険についてのわかりやすいマンガ(PDF)がありますので、ご興味のある方はご覧下さい。

 


鹿児島、宮崎の住宅・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ!
鹿児島、宮崎の注文住宅・新築・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ