今朝の宮崎日日新聞で、宮崎県議会で河野知事が木造住宅の耐震化促進について発言したことが報道されています。

住宅耐震化補助拡大へ 熊本地震受け木造対象
2016年6月10日

 6月定例県議会は9日、一般質問が始まり、河野知事は熊本地震を受けた木造住宅の耐震化の促進について、「壁や屋根などの部分的な改修も、一定の耐震性能を確保できるなら補助対象となるように拡充しようと国や市町村と調整を進めている」と述べ、耐震改修工事の補助の対象を広げる考えを示した。

これまでの宮崎県の住宅耐震化リフォーム事業の補助金は、各市町村が窓口となって、昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅について、耐震診断は原則費用の9割、耐震化工事は原則費用の半分(一部3分の1)を助成するものでしたが、今後はこれが拡充されるようです。

今後の県議会の動向次第ですが、古い木造住宅をお持ちで耐震化リフォームをするなら、この県議会の議論の結果を見極めてからでもよいでしょう。

リフォーム


鹿児島、宮崎の住宅・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ!
鹿児島、宮崎の注文住宅・新築・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ