新築住宅を建てる時にはほとんどの方が住宅ローンを組むと思います。住宅ローンにもいろいろありますね。おおまかに言って、民間の銀行の住宅ローンと、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携しているフラット35の2種類があります。どちらがオトクなのでしょうか?

民間銀行ローン フラット35
メリット 団体信用生命保険料が無料
融資事務手数料は無料になることが多い
融資審査が比較的ゆるい
全期間固定金利
借入保証料が無料
デメリット 傷病歴のある人は融資されにくい
固定金利・変更金利が選べる
保証会社の保証が必要
団体信用生命保険料は別途払う必要あり(任意だがほぼ必須)
融資事務手数料がかかる
団体信用生命保険料を考慮すると民間銀行ローンより支払総額が多いケースが多い

今はマイナス金利ですから、民間銀行はお金をできるだけ貸したがっているため、融資事務手数料ゼロや利率引き下げキャンペーンなどいろんなサービスをしていますので、支払総額で言えば民間銀行ローンの方が(今後金利が大きく上昇しなければ)支払総額が少なくて有利と言えます。

ただし、民間銀行ローンは傷病歴のある人は審査が通らないことがあり、その場合はフラット35を利用することになります。フラット35は、全期間固定金利なので支払額が一定という安心さがあり、保証料も不要なのでその部分はオトクです。ただ、融資事務手数料は必ずかかりますし、ローン期間中に世帯主にもしものことがあったときにローンを肩代わりしてくれる団体信用生命保険の保険料を別途支払う必要がある(任意ではありますがほぼ必須です)ため、その分民間銀行ローンより割高になることが多いです。

それぞれメリット・デメリットがある住宅ローン、賢く選んでオトクに家を建てましょう!

住宅ローン


鹿児島、宮崎の住宅・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ!
鹿児島、宮崎の注文住宅・新築・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ