G7伊勢志摩サミットが終わって、安倍首相は消費税増税延期を決めたようです。ただ、自民党の中でもまだ意思の統一ができてない状況のようですね。

首相、自民幹部に増税延期説明…同日選見送りも

 安倍首相は30日午前、自民党の高村正彦副総裁、二階総務会長、稲田政調会長と首相官邸で個別に会談した。来年4月の消費税率10%への引き上げについて、2019年10月まで2年半延期する方針を説明し、理解を求めた。夏の参院選と次期衆院選を同じ日に行う「衆参同日選」は、必要ないとの考えも伝えたとみられる。午後には、消費増税の延期に慎重な発言を繰り返してきた公明党の山口代表とも会談する予定で、首相は政府・与党内の最終調整を急いでいる。

読売新聞のホームページより、記事の詳細はこちらをご覧下さい。

これまでの予定通りに消費税が10%に上がる場合、新築住宅ではお引き渡しが来年3月までなら消費税8%のままです。また、特例措置として、建築の契約を今年9月30日までに済ませれば、お引き渡しが来年4月以降でも消費税は8%のままになります(こちらをご覧下さい)。

これが延期になった場合どうなるのか、まだ確定していませんが、特例措置は同様に行われれると思われます。増税は2019年10月に延期される公算が強いようですので、その場合はあと2年は消費税8%のままで住宅を建てることができることになります。新築住宅の値段が2000万円だとすると、消費税2%分で40万円になりますから大きいです。今後の動向に注目しましょう。

三股展示場


鹿児島、宮崎の住宅・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ!
鹿児島、宮崎の注文住宅・新築・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ