以前、耐震等級についてお話しましたが、今日は、これまでの経緯などについてお話したいと思います。

耐震基準は、1950年に建築基準法によってはじめて定められました。この耐震基準は「旧耐震基準」と呼ばれ、「震度5程度の地震に耐えうる住宅」というのが基準の基本的な考え方でした。

しかし、1978年に起こった宮城県沖地震で、最大震度5であるにもかかわらず7400戸という多くの家が全半壊してしまったのをきっかけに、建築基準法改正の機運が高まり、1981年に建築基準法の大改正が行われました。このときに制定された新しい耐震基準を「新耐震基準」と言います。現行の耐震基準はこの基準になります。

この1981年の「新耐震基準」では、「震度5強程度の地震ではほとんど損傷せず、震度6強~7程度の大規模な地震に対しても人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害を生じない」ことを目標としています。

その後、1995年の阪神淡路大震災を経験し、2000年にさらに建築基準法が改正されました。この改正で地盤調査が事実上義務化され、また壁の配置のバランスまで考慮された耐震基準になりました。

中古の家を買うときは、1981年以前に建った家かどうか、2000年以前に建った家かどうかが、耐震強度の一つの基準になります。覚えておくと便利ですよ!

耐震基準


鹿児島、宮崎の住宅・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ!
鹿児島、宮崎の注文住宅・新築・リフォームならきいろいぞうさんでおなじみ万代ホームへ